House Dressing

2006年05月21日

Weekday Special Live

毎週火曜日の新しい楽しみ。

HOUSE DRESSING、5月23日(火)のスペシャル・プログラムは、ヨシダダイキチ+金子哲也 from アラヤヴィジャナの稀少なライブ!

民俗楽器の音に耳を傾ければ、六本木のオアシスがたちまちインドに様変わり!実力派演奏家によるシータル&パカワジの稀少な生ライブが実現☆お仕事帰りに素晴らしい音楽体験を♪
未体験で、初体験な大人の夜遊びをどうぞ☆

ご入場は1000円/1Dにて、贅沢な時間をお約束します!!

お楽しみに〜。

皆様のお越しを心よりお待ちしてます!!

house-dressing5.jpg

2006.05.23 (tue) @ 六本木Roots N

“ HOUSE DRESSING ”

open: 19:00
charge: 1000yen / 1D

LIVE:
ヨシダダイキチ+金子哲也 from アラヤヴィジャナ

DJ:
Dubsap (Audio Sutra)
Somar (touch the sky / Nuro)

Aromatic Hand-therapy:
タナカユミ (jazzreason)

----------------------------
■お問い合わせ
Roots N|ルーツ・エヌ
東京都港区六本木7-18-13 B1F
Tel: 03-3423-1274
Mail: info@rootsn.com

access:
東京メトロ日比谷線六本木駅をご利用の場合、
2番出口を出て、目の前の「六本木通り」を渋谷方面へ約200mくらい進むと「酒のカクヤス」があります。(ピンクの看板が目印です。)そのカクヤスのビルの隣のビルの間を右に曲がればRoots Nです。

東京メトロ千代田線乃木坂駅をご利用の場合、
5番出口を出て、目の前の「外苑東通り」を六本木方面へ約500mくらい進むと「六本木通り」に当たります。六本木通りを六本木駅方面に進むと「酒のカクヤス」があります。(ピンクの看板が目印です。)そのカクヤスのビルの隣のビルの間を左に曲がればRoots Nです。
posted by ハウドレ at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary|日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月17日

ヨシダダイキチ

5月23日(火)のスペシャル・プログラムは、ヨシダダイキチ+金子哲也 from アラヤヴィジャナの稀少なライブ!!是非、本物の音を聴きにきてください♪

■ Biography|バイオグラフィー

yoshida1.jpg

10才よりギター、ピアノ、音楽理論等を独学で学ぶ。1996年よりインドにてシタール及びインド音楽理論を学んだ後、民俗楽器と現代音楽をテーマにボアダムスのヨシミと『サイコババ』の活動を開始。同名義で現在までに5枚のアルバムをリリース。2001年ダライラマ主催の「世界聖なる音楽祭」出演。2002年NHK「ドレミノテレビ ううあとうたおう」に出演。2003年『AlayaVijana』を結成。同年、UAのアルバム『SUN』収録曲「ファティマとセミラ」をプロデュース。他に、YMO-remix、ROVO コンピレーション、Sonic Youthトリビュート、OOIOO、GOMA、シュガーソウル、リタ・アッカーマン等の作品に参加。ボアダムス、灰野敬二、サーストン・ムーア(Sonic Youth)、ジム・オルーク、マタ・プラサド・ミシュラ等と共演。ロック、現代アート、インド古典など様々なフィールドで活動。

alaya_sitar.gif

【シタール ─ Sitar】
インドの弦楽器。中世インドで、Hazrat Amir Khusroによって発明されたといわれる。琴や琵琶のように弦をベンディングすることでミクロな表現を可能にする。弦の数は20本前後で、ドローン弦、メロディー弦、リズム弦、共鳴弦に分かれる。

**********

alayavijana03.jpg

AlayaVijana / AlayaVijanaIII
(アラヤヴィジャナ/アラヤヴィジャナIII)
発売日:2006年05月03日(水)
定価:2625円(税抜:2500円)
HCCD-9515 MusicRobita & Highcontrast Recordings

・AlayaVijana official web site
・Highcontrast Recordings AlayaVijana Page

posted by ハウドレ at 06:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Artists|アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金子哲也

5月23日(火)のスペシャル・プログラムは、ヨシダダイキチ+金子哲也 from アラヤヴィジャナ!!大地の響きを感じさせるパカワジの演奏は稀少な上に必見です♪幸せなサウンドトリップをお楽しみください♪

■ Biography|バイオグラフィー

kaneko1.jpg

1996年より逆瀬川健治氏にタブラを師事。2000年よりインドのヴァラナシにて、Pt.シュリカント・ミシュラ氏にパカワジを師事。ヴァラナシで行われる音楽祭『ドゥルパッド・メーラ』に2002年より毎年出演。2004年度『ドゥルパッド・メーラ』にてゴールドメダルを授与される。2005年、パーカッション主体のユニット”Jai Bajrang”を結成。インド、日本においてインド古典の声楽、器楽、舞踊の伴奏、及び主奏者として活動中。

alaya_pakhawaj.gif

【パカワジ ─ Pakhawaj】
北インドの代表的な両面太鼓。タブラの原型と言われ、右鼓面にはタブラ同様の鉄粉を含む黒いペーストが塗り付けられている。左鼓面には演奏のたびにパン生地を貼付け、独自の重低音を醸し出す。主に北インド古典音楽のドゥルパッドスタイル(現存する最古の古典スタイル)で使われる打楽器。

**********

alayavijana03.jpg

AlayaVijana / AlayaVijanaIII
(アラヤヴィジャナ/アラヤヴィジャナIII)
発売日:2006年05月03日(水)
定価:2625円(税抜:2500円)
HCCD-9515 MusicRobita & Highcontrast Recordings

・AlayaVijana official web site
・Highcontrast Recordings AlayaVijana Page
posted by ハウドレ at 06:09| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | Artists|アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月16日

TOUCHTHESKY

・第三週/5月16日(火)

“ TOUCHTHESKY ”

open: 21:00
charge: FREE

Special Guest DJ:
Hiroshi Fukuma (Hipnologie Recordings)

DJ:
touch the sky (Saara, Somar & Bun5)

Aromatic Hand-therapy:
タナカユミ (jazzreason)

---------------------------------------------

・Hipnologie Recordings discogs.com page
posted by ハウドレ at 12:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary|日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

Tropical Dub vol.2

明日9日(火)はトロピカルダブです!
よろしくどうぞ〜♪

2006.05.09 (tue) @ 六本木Roots N

open: 21:00
charge: FREE

“ Tropical Dub ”

Special Guest DJ:
NIK WESTON (Mukatsuku Pr / UK)

DJ:
DJ KIYAMA
DJ CHIKASHI
DJ SUNSHINE

...& Somar (touch the sky / Nuro)

Aromatic Hand-therapy:
タナカユミ (jazzreason)

----------------------------
■お問い合わせ
Roots N|ルーツ・エヌ
東京都港区六本木7-18-13 B1F
Tel: 03-3423-1274
Mail: info@rootsn.com
posted by ハウドレ at 18:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary|日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

NIK WESTON

5月9日(火)、House Dressingにスペシャル・ゲストが登場です!イギリスより来日している我らがNIK WESTON(ニック・ウエストン)。
第2週目“Tropical Dub”でプレイしますよ〜♪
そう言えば、昨年の5月“At Ease”@ Shibuya Mubelでセッション以来、一年ぶりです。
楽しみにしていてくださいね☆


■ Biography|バイオグラフィー

nik_new_photo.jpgmukatsuku pic.jpg

NIK WESTON|ニック・ウエストン

DjとしてのNikは、レコードコレクション歴21年以上、パーティーDjを始めて20年以上。Djとしての最初の功績は、1996年9月、大好評の“Mukatsuku”をスタートし、London Evening Standard新聞社により1997年クラブナイト・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、ジャズ、ヒップホップ、ビーツ・アンダーグラウンド界の話題をさらった。その後も継続して、Nikはそれ以外にも、“Shinkansen”@ Open、“Ookami.cuts”@ Nottinghill Arts Club、“Those Kids”@ Ormonds、“Retreat”@ Tropical、“Smoke”@ Clinicなど多数のパーティーに参加している。現在、Nikはイギリスを中心に世界で大活躍。毎週海外からのゲストを迎え“Bite Your Granny”セッションを行ってきた。また、今年で連続17年目を記録しているBrightonの“Jazz Rooms”でのセッションでも、5年間、月1のレギュラーをキープしている。そして今、Jazz、Funk45's、Boogie and Nu Jazz / Bossaのプレイで世界を奔走中。日本はもちろんのこと、NYのDownLow、フィラデルフィアのBroken & Beats、その他も、スペイン、カナダ、アイルランド、スコットランド、ドイツ、フランス、ベルギー、ノルウェー、オーストリア、ロシア、フィンランド、デンマーク、ブラタスラバ、フィリピン、オーストラリア・メルボルンなどでもmixしている。


・共演アーティスト
2001年のVictor Davisとの日本ツアーを始め、Patrick ForgeとのBrazilian Love AffairでのDjも行い、Phil Asher、Mr Hermano live bandとJazz Roomsの10周年記念でもプレイした。他にも、United Future Organization、Richard Dorfmeister、Domu、Faze Action、John Kong、Nathan Haines、Gilles Peterson、Spacek、その他大勢の大物達とのセッションを行ってきた...そして、現在も同じようなサイクルでプレイし続けている。


・ラジオ・ショー
ラジオでのミックスはGroovetech.comで初めてショーを展開、Tokyo FM、BBCラジオなど。また、ラジオ・ショー"FORWARDSBACKWARDS"を、数々の大物Djが集う、インターネット・ミックス・ショー、milkaudio.comでレギュラー展開中。月2回のスペシャルは最先端ニュージャズから、ブラジリアン、ファンク、過去の人気ジャズまで広範囲をフィーチャーしている。


・ビジネスマンNik Weston
ビジネスマンとしてのスタートは、2000年12月から、5年間続く、NikはIsland/Island Blue Records でのクラブ・プロモーションより始まる。その後2003年には自らのプレス、ラジオ、クラブ・プロモーション会社、MUKATSUKU PRを運営、世界中の先端レーベルのために、フリーでプロモーション、マーケティング、コンサルタント、リミックス・コーディネーションを行っている。Exceptional RecordsのA&R manでもある。イギリスのIDJ Magazine、ベルギーのPlastiks Magazineの日本関連のコラムに毎月Japanofile掲載、フランスの雑誌RPMとウィークリー・メルマガ"InTheBox"の日本コラムにも"diggin deeper"を掲載。これ以外に、NikはKyoto Jazz Massiveの沖野好洋氏運営の日本レーベル、Especial Recordsのヨーロッパ総代理人でもある。


・Compilation work
レコード・コレクションを含めた、Nikの日本とのかかわりは良く知られているが、最初のコンピレーションはConterpoint Recordsの東京出身アーティストJazztronikによる"Inner Flight" LP。その後続けて、"Moshi Moshi"など、数枚のコンピレーションを出している。どのコンピレーションも日本の作品を含み、すべて日本のものもある。Rainer Trubyが彼のコンピレーション&12インチ・サンプラー"Take me aosis -a nite out in London-"のジャケットの解説を書いている。新しいコンピレーション(三枚目の日本の作品のみ版)はアメリカのレーベルKriztal Entertainmentから"Sakura Aural Bliss"のタイトルで、2003年11月に4トラック・ヴァイナル・サンプラーとして発売。2004年の冬には、日本のブラジリアン・レーベルClub Brazilより、12インチ・ヴァイナル・コンピレーションを発売。また、2005年6月、日本のnujazzレーベルNUROより、"Nu[new]Style Vol.3 -Living in the music Nik Weston-"を発売。2005年12月、Routine Jazz Recordsより、Mix Tape"Diggin gems"をリリース。現在に至る。


・NIK WESTON myspace page
・Forwardsbackwards Radio Show Milk Audio
・Konnichiwahwah show Samurai.FM
posted by ハウドレ at 18:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Artists|アーティスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。